©Ingemund Skålnes

南極探検クルーズ

地球最後の秘境である『白い大陸』南極には手つかずの大自然が残されています。屹立する岩山の間に氷河が流れ、巨大な氷山が海に浮かぶ南極の絶景は、まるで不思議の世界に紛れ込んだよう。ペンギンが目の前を歩いたり、のんびりと目の前に寝そべるアザラシ、鯨が優雅に泳ぐ野生の生命のドラマが目の前で繰り広げられます。一生に一度の探検の旅に出かけましょう。

南極大陸、サウスジョージア、フォークランドなど地球最後の秘境を訪れる様々なクルーズがございます。


南極の概要

南極
©Andrea Klaussner

 南極大陸の面積        
:1,400万㎢(日本の約37倍)

 氷で覆われている場所:約98%

 平均標高                 
:約2,200m

 誰のもの?              
:どこの国にも属していない

南極大陸は地球の南にある5番目に大きい大陸です。世界で最も隔絶された地理的な位置にあり、手つかずの大自然が残されています。南極の夏にはペンギンやアザラシ、鯨などの野生動物が子育てのためにやってきて、ダイナミックな生命のドラマをの繰り広げます。海には氷床や氷河から流れ落ちた巨大な氷山が浮かび、幻想的な絶景を作り出しています。各国の観測基地で科学者が研究する以外、定住者がいない秘境なのです。


南極で出来ること

『白い大陸』南極探検へいざ出発!一日1~2回の上陸体験またはゾディアック・クルーズをご用意しております。南極について知り尽くした専門家エキスぺディション・チームと一緒に野生動物や南極の大自然を満喫しましょう。(当日の天候や波の状況により上陸地が決定され、上陸やゾディアック・クルージングは中止される可能性がございます)

  • 上陸してペンギンの営巣地や寝そべるアザラシを見学
  • ハイキング
  • スノーシュー
  • ゾディアック・クルージングで氷山や鯨などを見学
  • カヤック(有料/船内申し込み)
  • テント泊(有料/船内申し込み)


南極クルーズ

フッティルーテンの南極クルーズはオール・インクルーシブ*でリーズナブル。乗船代金、食事代金、アルゼンチン国内線、前泊のホテル(ブエノスアイレス)、港への送迎、食事のドリンク(ハウスワイン/ビール/ソーダ)、港湾税、船内チップなどが含まれます。正装の必要はありませんので、誰でもお気軽にご参加いただくことが出来ます。

*カヤックや南極キャンプなどの追加エクスカーションや、一部のドリンクは有料です。

南極大陸ハイライト12日間

南極とペンギン
©Genna Roland
発着港 ウシュアイア
(ブエノスアイレス⇔ウシュアイアフライト込み)
クルーズ日数 10泊11日(+ブエノスアイレス1泊)計12日間
シップ 

MS Fridtjof Nansen

MS Roald Amundsen*

出発日

2024年

11月17,27日、12月4,7,17,27日,

2025年

1月6,16,26日、2月5,15,25,28*日、3月7,10*

10月30日、11月9,19,28*,29日、12月9,19,22*,29日

2026年

1月8,18,28日、2月7,17,27日、3月6*,9,16*

  • 12日間のショートコース、€6,266~リーズナブルなプラン
  • 氷河、氷山の絶景
  • ペンギン、アザラシ、クジラなど野生動物との出会い
  • ゴムボートでの上陸やクルージング

南極、フォークランド16日間

キングペンギン
©Ingemund Skålnes
発着港 ウシュアイア
(ブエノスアイレス⇔ウシュアイアフライト込み)
クルーズ日数 14泊15日(+ブエノスアイレス1泊)計16日間
シップ 

MS Roald Amundsen*

出発日

2024年

11月06,20日、12月14,28日,

2025年

11月14*日、12月08*日、

 

 

 

 

  • フォークランド諸島で英国文化を楽しむ
  • 氷河、氷山の絶景
  • ペンギン、アザラシ、クジラなど野生動物との出会い
  • ゴムボートでの上陸やクルージング

南極、フォークランド、サウスジョージア23日間

©Andrea Klaussner
©Andrea Klaussner
発着港 プンタアレーナス
(サンチャゴ⇔プンタアレーナス間フライト込み)
クルーズ日数 21泊22日(+ブエノスアイレス1泊)計23日間
シップ 

MS Fram

出発日

2024年

11月09,30日、12月21日,

2025年

1月11日、2月01,22日

11月14日、12月05,26日

2026年

1月16日、2月09,27日

  • フォークランド諸島で英国文化を楽しむ
  • 野生動物の宝庫サウスジョージアでキングペンギン見学
  • 氷河、氷山の絶景
  • ペンギン、アザラシ、クジラなど野生動物との出会い
  • ゴムボートでの上陸やクルージング

南極圏(南緯66度33分)以南へ遠征18日間

南極圏
©Corina Gamma
発着港 ウシュアイア
(ブエノスアイレス⇔ウシュアイアフライト込み)
クルーズ日数 16泊17日(+ブエノスアイレス1泊)計18日間
シップ 

MS Roald Amundsen*

出発日

2025年

01月11*,27*日、2月12*日、

2026年

1月01*,17*日、2月02*,18*日、

 

 

 

  • 南極圏(南緯66度33分)へ遠征探検
  • 手付かずの大自然マルグレーテ湾
  • 氷河、氷山の絶景
  • ペンギン、アザラシ、クジラなど野生動物との出会い
  • ゴムボートでの上陸やクルージング


南極のシーズン

南極は10月~3月(南半球の夏)がオン・シーズンです。南半球の冬(4~9月)にはクルーズの運航はございません。

  10月 11月 12月 01月 02月 03月
海氷        
ペンギン
   
アザラシの赤ちゃん      
クルーズ代金

出会える可能性のある野生動物(南極やサウスジョージア)

アデリーペンギン

アデリーペンギン
©Yuri Matisse Choufour

白黒のツートンカラーが特徴。一般的な「ペンギンのイメージ」にもっとも近いかもしれません。

ヒゲペンギン

ヒゲペンギン
©Yuri Matisse Choufour

アゴを通って耳から耳まで黒い羽毛が1本の筋状に入っているヒゲのようなアゴのラインが特徴。

ジェンツーペンギン

ジェンツーペンギン
©Yuri Matisse Choufour

目から頭頂部にかけて繋がっている白色の斑紋は、横から見るとアイシャドウのようで、女性のような可憐な顔が特徴。

キングペンギン

キングペンギン
©Yuri Matisse Choufour

二番目に大きいペンギン。 頭の両側にある鮮やかなオレンジの斑紋が特徴。フォークランドやサウスジョージア島に生息。