タイムスリップしたようなスウェーデンの夏を楽しむ運河クルーズ

ヨータカナル


ヨータ運河はスウェーデン東西の内陸部を結ぶ運河。スウェーデンの東西を船で移動するためには、スカンジナビア半島南部をぐるりと回りデンマーク領海を通る必要があったため、 デンマークから通行税を取られたり、妨害されたりしていました。通行税を払わず短距離で物資を輸送できる内陸を横断する運河が必要となり、1810年から22年間58,000人の兵を動員しヨータ運河が建設されました。 その後、鉄道や車の登場により、物資輸送の役割を譲りましたが、現在ではスウェーデンで人気の観光スポットです。途中に水位の異なる5つの湖を上がったり、下がったりしながら58箇所のロックを通りながら進みます。 日常の忙しさを忘れて、静かな緑の風景を眺める、ゆったりとした休日をお過ごしください。
ヨータカナルとは
©Gota canal
©Gota canal
おすすめポイント
©Gpta canal
©Gpta canal

クルーズの選び方
©GOTA KANAL
©GOTA KANAL
クルーズコース
©Gota Kanal
©Gota Kanal

シップ情報
©GOTA CANAL
©GOTA CANAL
クルーズコース
©Gota Kanal
©Gota Kanal

動画のご紹介