季節ごとの魅力

ノルウェー沿岸急行船は通年運行をしています。ノルウェーには春夏秋冬それぞれの異なる魅力があります。ベストシーズンは日照時間の長い白夜シーズンの夏。秋~冬にかけては神秘の光オーロラ、春は雪が残る北国の美しさなど季節ごとの魅力を発見してください。南北に長いノルウェーでは北と南では全く違う表情を見せてくれます。

北極圏の目覚め~3シーズンin 1クルーズ


©Merle Klein
©Merle Klein
©Hutigruten
©Hutigruten

北国の冬が終わるとノルウェーには待望の春がやって来ます。長い長い冬を過ごした後、ノルウェーの人々にとって春の喜びはひとしお。一日ごとに伸びる太陽の光と一緒に渡り鳥がやって来て、春の到来を知らせるのです。白い残雪が残る北極圏から新緑が芽吹く南部。一週間で冬・春・初夏の3つの季節が変りゆく不思議な感覚を味わいながら、ドラマチックに変わる風景をお楽しみください。5月17日はノルウェー憲法記念日。町中に民族衣装を着た人々が繰り出しパレードをします。華やいだ雰囲気を一緒にお祝いしましょう。もちろん船内でもお祝いします。

24時間がハイライト~白夜とガイランゲルフィヨルド


©Gian-Rico Willy
©Gian-Rico Willy
©Ørjan Bertelsen
©Ørjan Bertelsen

北極圏では2か月間太陽が沈まない白夜のシーズン。遅くまで明るいの夏の夜。人々は時間を忘れ、24時間生きる喜びを享受します。『生きているって素晴らしい!』という自然への感謝が沸き上がって来るほど。燃えるように輝く真夜中の太陽、ミッドナイトサンとノルウェーの自然でパワーチャージをどうぞ。6~8月の期間だけ、ユネスコ世界遺産ガイランゲル・フィヨルドをクルーズします。ノルウェーのベストシーズンへようこそ。

秋色に彩られて~色彩のパレット


©Michael Gurantz
©Michael Gurantz
©Ole C. Salomonsen
©Ole C. Salomonsen

冷たい空気を感じたら秋のしるし。空気は澄みきり、木々は黄・赤・茶と鮮やかに染まります。斜光がフィヨルドを照らし、秋色に染まったノルウェーは色彩のパレット。9月中旬からはオーロラとの出会いも期待できます。冬より日照時間が長く寒さもマイルドなため、オーロラを少しでも楽に観測したい方にお勧め。9~10月は神秘的なヨールン・フィヨルドをクルーズします。大型客船が押し寄せる夏の喧騒は跡形もなく、静寂に包まれた時間が流れています。

極北のスペクタクル~夜空を舞うオーロラ


©Magnus Sabel
©Magnus Sabel
©Agurtxane Concellon
©Agurtxane Concellon

夜が長いノルウェーの冬に出会える天空のショー・オーロラ。人工の光がない夜の海を航行する船のデッキはオーロラ観測に最適です。雪や氷に覆われたフィヨルドの白銀の世界と、カラフルな家々。厳しい自然に生きる人々が住む街の灯りは、旅人を暖かく出迎えてくれます。24時間太陽が地平線上に昇らない極夜(ポーラーナイト)の時期には、空がピンク、オレンジ、パープルと幻想的な色に包まれます。夜空を舞う神秘の光を探しにノルウェーの冬へようこそ。クリスマスにはクリスマスツリーを飾り付け、特別なクリスマス料理でお祝いします。大晦日には港で花火が打ち上がり、新年をカウントダウンで迎えます。


旅する季節を決めたら、クルーズの日数を選びましょう。