安全情報(新型コロナウィルス)

新型コロナウィルス(covid19)による各国の入国規制等についてご案内いたします。

海外安全情報(日本に居住する日本国籍の方)

2021/6/4

感染症危険情報

レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)

アイルランド,スウェーデン,ポルトガル、アイスランド,アンドラ,イタリア,エストニア,オーストリア,オランダ,サンマリノ,スイス,スペイン,スロベニア,デンマーク,ドイツ,ノルウェー,バチカン,フランス,ベルギー,マルタ,モナコ,リヒテンシュタイン,ルクセンブルク

英国,キプロス,ギリシャ,クロアチア,スロバキア,チェコ,ハンガリー,フィンランド,ブルガリア,ポーランド,ラトビア,リトアニア,ルーマニア

レベル2:不要不急の渡航は止めてください。

詳細は外務省のホームページをご覧ください。

各国入国規制

各国の入国規制は下記の通りです。(日本在住かつ日本から出発する日本人に対する規制)

新型コロナウィルスの自覚症状がないこと、過去14日以内に新型コロナウイルス感染者との接触がないことに限られます。

下記情報は変更する可能性がございますので、各自にて最新情報をご確認ください。

ワクチン接種証明書(英文)は、ワクチン接種を管轄する市区町村で発行が可能。(発行には1~2週間かかります)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_certificate.html

(現在デジタル化は実施されておりません。)

2021/11/23

■ノルウェー

2021年11月26日以降ノルウェーへの入国制限が緩和下記の行動が求められています。

新型コロナウィルスワクチン接種済み証明書の掲示(入国時6か月以内)があれば一定の条件の下、入国後の隔離義務が免除

Pfizer,Moderna,Astra Zeneca,Janssen,Covishield,Sinovac-CoronaVacワクチンなどノルウェー政府が許可した方式のQRコード付き証明書。 

→日本の自治体が発行するワクチン接種済み証明書は、認められていません。

新型コロナウイルス検査の陰性結果証明の提示(ノルウェ-入国前24時間以内。空路の場合、最初のフライト出発予定時刻前24時間以内に受検)

③ノルウェ-に入国する全ての人に登録義務を導入しています。

https://reg.entrynorway.no/

詳細はノルウェー保険当局ホームページをご覧ください。

2021/10/01

■デンマーク

2021年4月21日以降段階的にデンマ-クへの入国制限が緩和下記の行動が求められています。

新型コロナウィルス検査陰性結果証明の掲示(デンマーク入国前前48時間以内)

新型コロナウィルスワクチン接種済み証明書の掲示(入国時6か月以内、感染歴のある者は一定の条件の下、入国後の隔離義務が免除

③到着時の検査受験が必要

④グリーンランド入境にはデンマーク国内で実施されたPCR検査の陰性証明が必要。

詳細はデンマーク外務省ホームページをご覧ください。

2021/10/19

■スウェーデン

スウェーデンには観光目的の渡航が認められてません

 

 

詳細はスウェーデン外務省ホームページをご覧ください。

2021/6/04

■フランス

2021年6月09日以降フランスへの入国制限が緩和下記の行動が求められています。日本は緑カテゴリーです。(10月2日現在)

新型コロナウィルス検査陰性結果証明の掲示(出発前72時間以内)

新型コロナウィルスワクチン接種済み証明の掲示

*自主隔離の必要はありません

詳細はフランス外務省ホームページをご覧ください。

■ドイツ

2021年9月26日以降ドイツへの入国制限が緩和下記の行動が求められています。

新型コロナウィルス検査陰性結果証明の掲示(出発前72時間以内)

*自主隔離の必要はありません

詳細はドイツ連邦内務省ホームページをご覧ください。

日本入国(上陸)規制

日本帰国時の入国(上陸)規制は下記の通りです。

新型コロナウィルスの自覚症状がないこと、過去14日以内に新型コロナウイルス感染者との接触がないことに限られます。

2021/10/1

現在、日本に居住している日本国籍保有者は、一部例外を除き原則として日本国を出国及び帰国することができません。

例外的に日本へ入国(帰国)する方:下記の行動が求められています。

新型コロナウイルス検査の陰性結果証明の提示(空路の場合、最初のフライト出発予定時刻前72時間以内に受検)

入国時の管轄検疫所長の指定する場所(指定ホテル等)にて14日間の待機(公共交通機関使用不可)*、誓約書の署名

スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用

質問票の提出(連絡先)

*水際権益強化措置国として指定されている国から帰国した場合(デンマーク、フランス等)

 指定ホテルに3日間待機後(到着日は0日)、再度PCR検査。陰性の場合、残りの期間は自宅等で自主隔離が可能。(公共交通機関以外で移動)

    入国後10日目以降に改めて自主的に受けた検査(PCR検査又は抗原定量検査)の陰性の結果を厚生労働省に届け出ることにより、

 残りの期間の自宅等での待機を求めないこと

詳細は外務省海外安全ホームページをご参照ください。